1年1ヶ月でコンサルティング事業の会社を退職しました

昨年4月から働いていた業界特化型のコンサルティング事業を行う会社を5月末で退職しました。
わずか1年1ヶ月での退職となり、だんだんと自分の社会適合能力が心配になってきましたが……今回はせっかくなので退職エントリなるものを書いてみようと思います。

何をやっていたのか

社内で発生したLP制作やWebサイトの構築、タッチパネル式のデジタルサイネージの作成などを行っていました。
LPは東京本社の人が作ったフレームワークで制作を行っていたため、ほとんどHTMLマークアップとCSSコーディングだけの仕事でした。
Webサイトはa-blog cmsやWordPressを使った構築を行っていました。これまでに使ったことのなかったa-blog cmsを使うことができたのはとてもいい経験になったと思っています。
タッチパネル式のデジタルサイネージの作成もなかなか経験できるものではなかったので、本当に貴重な経験を積ませていただいたと思っています。このデジタルサイネージはReact / redux で作成させてもらったため、とても勉強になりました。(退職による引き継ぎでVue.jsにリプレイスしてしまいましたが…)

なぜ辞めるのか

退職を決意した理由は3つあります。

定量的な仕事がなかった

東京本社は仕事がかなりあるようでしたが、実のところ福岡支社にはフロントエンドとしての仕事が少なく、1ヶ月のうち2〜3週間はただひたすらリファクタリングや勉強だけを行う日々が続いていました。
東京本社の仕事を取りたくても諸事情から福岡支社に回ってくることは非常に少なく、かといって福岡支社でフロントエンドの仕事が定量的に発生するわけでもなく、自ら仕事を増やそうと提案などをしてもリソース不足などで案件化までは行き着かない、という状態でした。

スキルアップに不安があった

フロントエンドとしての仕事も割と普通のWebサイトをCMSを使って作る、LPを作る、といった部分に収まり、LPに関しては本社で用意したフレームワークを使用してコーディングを行うため、ほぼHTMLとCSSさえできてしまえば何もすることがない、と言う感じでした。
Webサイトの方で色々と作り込んだりすることはできましたが、性質上どうしても従来通りに近い形での開発になってしまうため、最新の環境で開発をしていきたい私としては今後のスキルアップへの不安や物足りなさを感じてしまったというのが正直なところです。

福岡支社からデザイナーがいなくなった

私が入社した時はデザイナー1名、フロントエンド1名、バックエンド1名という体制でした。入社1ヶ月後にデザイナーが1名入社し、デザイナー合計2名体制になりました。
しかしその後、最初にいたデザイナーが2017年秋に、残ったデザイナーも2018年4月に東京本社に異動し、福岡支社からはデザイナーが一人もいなくなってしまいました。
私の中ではこのデザイナーがいなくなったというのがかなり大きな衝撃的で、それまで福岡支社で思い描いていたものが崩れ去ってしまった気がして、気持ちが転職へ一気に流れていきました。

今後について

今後についてはすでに決まっていて、6月頭から次の会社で働き始めます。
具体的に何をやるのかはまだ聞いていませんが、とにかく新しいことをやっていくようです。ちなみにフロントエンドはVue.jsを使っていくようなので、今からワクワクしています。
ただ、まだまだ分からないことだらけなので、食らいついていけるようにしっかり勉強していきたいと思っています。

そして仕事以外の部分でも、勉強会に積極的に参加して、時には登壇したりしていきたいと思っています。
ひとまず手始めに「俺の話を聞け!!LT」に登壇します。(全然技術的な内容じゃないけど……)
興味がある方は是非下記よりご参加ください。

最後に

退職理由に辛辣な内容を書きましたが、基本的には残業も少なくホワイト企業だったと思います。
フロントエンドエンジニアでマークアップには自信がある、でもまだJS周りはそこまで自信がない、という人には向いてるのかなと思いました。
なんだかんだ、相当自由にさせてもらっていたので、その点などはすごく感謝したいです。ありがとうございました。

最後の最後に、これから頑張っていくためにAmazonのほしい物リストを貼っておくので、どうぞよろしくお願いいたします。